夏になると抜け毛が増える人

年間を通して、夏になると抜け毛が気になると言う人もいます。

これはどんなことが原因なのでしょうか?

他の季節では抜け毛が気にならないけど、夏だけとなると、ある原因が考えられます。

そこで今回は、夏になると抜け毛が増える原因について、お話しましょう。

皮脂の過剰分泌

img01.jpg夏になると抜け毛が気になると言う人の多くは、皮脂の過剰分泌が原因です。

これは特に男性の方に多く、頭皮の環境が悪くなることで抜け毛に繋がってしまうんです。

元々皮脂の分泌が多いという人は、十分気をつけなくてはいけません。

さらに「湿気」も注意が必要で、頭皮に雑菌が繁殖しやすい環境になっているので、皮脂の分泌量が多くなる夏になると抜け毛が多くなる人は、湿気にも注意をしなくてはいけません。

そこで重要なのが「シャンプー」です。

トリートメントやヘアパックを使っている人も多いですが、抜け毛対策で重要なのは「シャンプー」です。

よく頭皮の脂や毛穴の汚れをしっかり落とすなどと言いますが、実はそれって逆効果。

皮脂は頭皮の乾燥を防ぐためにとても大切な要素。なのに取り過ぎてしまっていては頭皮環境もどんどん悪くなってしまいます。

ですからシャンプーは、こちら(↓)のシャンプーのように頭皮の脂を取り過ぎないものがいいのです。

そしてシャンプーの仕方にもポイントがあります。まずはシャンプーをする前にブラシを使って髪の毛をとかし、ホコリや汚れなどを取り除いてあげましょう。

ブラシを使うことで、皮脂やフケが浮き上がってくるので、頭皮の汚れを落としやすくしてくれます。

これだけでも十分違ってくるので、ぜひ今日から始めてください。

シャンプーをするときですが、皮脂をしっかりと落とそうとして、爪を立ててゴシゴシと力強く洗うのはNGです。

下から上に向かって、指の腹を使ってマッサージをするようにシャンプーをするのがコツです。

もし頭皮に栄養を与えるようなシャンプーを使う場合は、シャンプーをした後、泡を乗せたまま3分ほど放置をする泡パックがおすすめです。